×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FAQ

Q.長年の病院通いで、膝の関節痛や腰痛・座骨神経痛が治らないのか?

A.成人の腰痛やひざの関節痛、座骨神経痛等の主な発生の原因は骨格の傾斜による「重力のアンバランス」が原因と考えられます。
※左右の重力のアンバランスを修正する「医療機器やクスリ」は今の所ありません。だから病院で治らない場合が多いのです。

Q.数十万する電気治療器でもだめだったけど効果ある?

A.多くの方が「気学式療法」を半信半疑です。神頼みする程の方も大勢いらっしゃいます。
やはり中には高額な高電圧治療器で効果が見えなかったお客様もいらっしゃいます。
そういった効果がなかった方にも感激の声を頂いております。
完全に全ての人に効果あるかどうかは立証はできませんが、痛みに対する効果はでてくるもの思います。

Q.気学式療法の副作用や欠点はあるの?

A.電気や牽引などと違って患部に刺激を与えず、身体内部の気の流れをよくすることで患部の症状を解消するものであり、副作用などが起こる余地はありません。
欠点は早く痛みが消える事かもしれません。早く消えすぎて稀にリピーターに繋がらない事です(苦笑)

Q.気学式療法とか怪しいでしょ?

A.気功を懐疑的に見る方は相当に多いのが現状です。
しかし、気功の本質は「気が流れる体」をつくることにあります。人は五臓六腑すべてに気が流れている生物であり、この点で西洋医学の発達には盲点があると考えられると思います。科学は実体として証明できないものはすべて排除していく性質を持っております。その点で立証できる簡単な物から論理が組み立てられています。気功は逆に人体を包括的に捉え、気が流れる体をつくり自然治癒力の向上を治療の根本においてるのが特徴です。気功は自然治癒力引導法でもあると考えています。
その人の考え方で「気学式療法」の捉え方も変わってくる事と思います。